Home > リソース > Scilabでアニメーション作成 > 4. Plot3dで多角形面を作成
Scilabでアニメーション作成

4. Plot3dで多角形面を作成

剛体のアニメーションを作成する際には、まずその剛体を表す形状を作成しなくてはなりません。Scilabで3次元形状を作成するには「plot3d」が利用できます。plot3dにより多角形の面(パッチ)を描くことができます。パッチを組み合わせれば、任意の多面体を作ることができます。

例として、(1,0,0)、(0,2,0)、(0,0,3) の3点を頂点とする三角形のパッチを描くScilabスクリプトをコード1に示します。このスクリプトによって描かれるパッチを図1に示します。

test_patch.sce
// test_patch.sce

clear; xdel(winsid());

// Vertices
x(1)=1; y(1)=0; z(1)=0;
x(2)=0; y(2)=2; z(2)=0;
x(3)=0; y(3)=0; z(3)=3;

// Draw patch
figure(1);
plot3d(x,y,z);

// Axes settings
xlabel("x",'fontsize',2);
ylabel("y",'fontsize',2);
zlabel("z",'fontsize',2);
h_axes = gca();
h_axes.font_size = 2;
h_axes.isoview = "on";
h_axes.box = "off";
h_axes.rotation_angles = [59,52];
h_axes.data_bounds = [-1.5,-0.5,0;2.5,2.5,3];
xgrid;
コード1: (1,0,0), (0,2,0), (0,0,3)の3点を頂点とする三角形パッチを描くScilabスクリプト


test_patch

図1: (1,0,0), (0,2,0), (0,0,3)の3点を頂点とする三角形パッチ