Home > リソース > MATLABでアニメーション作成 > 12. アニメーションをビデオファイルに保存
MATLABでアニメーション作成

12. アニメーションをビデオファイルに保存

アニメーションをAVIファイルなどのビデオファイルに保存するためには、VideoWriter オブジェクトを使用します。コード1のスクリプトは、第3項の「運動する点のアニメーション」をAVIファイルに保存します。望ましい結果を得るためには、時間刻み(Time data)や VideoWriter オブジェクトのプロパティ値を調整する必要があります。

animation_point_videowriter.m
% animation_point_videowriter.m

clear; close all;

% Create motion data
t = 0:0.005:1;   % Time data
x = sin(2*pi*t); % Position data

% Draw initial figure
figure(1);
h = plot(x(1), 0, 'o', 'MarkerSize', 20, 'MarkerFaceColor', 'b');
xlim([-1.5,1.5]);
ylim([-1.5,1.5]);

% Create & open video writer
vw = VideoWriter('animation_point.avi');
vw.Quality = 100;
vw.FrameRate = 60;
open(vw);

% Animation loop
for i = 1:length(x)
    set(h, 'XData', x(i));
    drawnow;

    % Write each frame to video
    frame = getframe(gcf);
    writeVideo(vw, frame);
end

% Close video writer
close(vw);
コード1:運動する点のアニメーションをAVI形式で保存するMATLABスクリプト