Home > リソース > MBDynチュートリアル > 1.はじめに
MBDynチュートリアル

1.はじめに

MBDynMultiBody Dynamics)は、ミラノ工科大学で開発されているフリー汎用マルチボディダイナミクス解析ソフトウェアです。MBDynを利用すれば、自動車のサスペンション、ロボット、風車など複雑な機械システムの運動を手軽にシミュレーションすることができます。下の動画はMBDynを用いたロボットアームのシミュレーションの例です。


デモ用のシンプルなロボットアームモデル。MBDynを利用すれば、複雑な運動方程式を立てることなく、このようなマルチボディシステムのモデルを作成して、その運動や力を調べることができます。

MBDynはフリーソフトウェアですから、誰でも利用することができます。このチュートリアルは、MBDynの使い方をシンプルな例題を通して解説します。

MBDynのダウンロードおよびインストール方法、その他公式な情報については、MBDynのホームページ http://www.aero.polimi.it/mbdyn/ を参照してください。

MBDynは研究主導で開発されてきたソフトウェアです。しかし今では産業利用にも十分耐え得るほど完成度を高めています。専用のプリプロセッサとポストプロセッサはありませんが、充実した機能を持っています。マルチボディダイナミクス解析の基本機能に加え、モーダルデータによる弾性体表現、制御設計ソフトウェアとの連成解析、リアルタイムシミュレーションなど多くの高度機能もサポートしています。特徴的なのは、航空工学分野(特に回転翼機や風力エネルギー)の研究の中で発展してきた経緯から、空力・流体関連の要素を豊富に備えている点です。

MBDynでマルチボディダイナミクス解析をはじめてみませんか?研究や開発、設計など様々な場面で、MBDynは強力なツールとして役立ってくれるはずです。このチュートリアルは、これから初めてMBDynを使ってみようという方にとって最初の手がかりになるように書かれています。まずはMBDynホームページから、MBDynのダウンロードとインストールを行ってください。インストールが完了したら、早速はじめましょう!